店舗アプリの開発と維持費

店舗アプリを導入したいと考えても、実際にはどれぐらいの費用が掛かるのかわかりにくいものです。

一般的に導入するためにはアプリを開発する費用と、それを運用していく維持費用が必要です。開発費用は、その目的や規模によって変わってきます。店舗アプリでよく利用されるのがクーポンの配布ですが、単なるクーポン配布であれば、それほど難しいものではありません。しかし、属性をもとに行うターゲットタイプのクーポン配布では利用者のデータ分析などのシステムを導入しなければなりません。

またモバイル決済機能を付ける場合には、決済会社に対応する必要があり、読み取り用の端末も導入しなければならないなど、大規模なものになります。このため、店舗アプリであっても開発費や維持費は、求められるニーズによって大きく変わります。一般的にアプリの開発費用は、100万円以上するものです。すでにあるプラットフォームを利用した場合においても発注者のためにカスタマイズ必要があります。それに配布サイトで公式配布するための事務手続きも必要です。

このため小規模なものでも100万円、大規模なものになると数千万円以上必要なケースもあり、事前に費用対効果を考える必要があります。それと開発すれば終わりというものではなく運用費も必要です。不具合の修正や上手く運用されているか、また不正行為が行われていないかといったものです。これらは大規模で多様なサービスを提供するほど高額になりがちですので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です