メンタルや肉体を守るためのアプリ

アプリには、自分の体やメンタルの健康を守る目的で作られているものがあります。

もし自分が病気になったとしても自覚症状がない場合や、身体がシグナルをせっかく出していても気づかないまま見過ごしてしまい、分かりやすい異常が出た時には病気のステージは進行してしまっている、ということは決して珍しくはありませんし、他人事ではないのです。自覚症状のない病気になっているか発見しやすくしてくれるアプリがあります。

自分や家族が就寝中の寝息を記憶しえてくれるものの場合なら、いびきの異常を記録できるので、睡眠時無呼吸症候群の気があるかどうかがはっきりわかります。医師の診察を受ける場合に録音を持参していけばより確実に症状を伝えられます。高血圧は脳梗塞の重大なリスクですから、血圧が気になる場合は血圧計で毎日測定するのが推奨されています。この血圧計にも、連動アプリがついているものがあり、毎日の記録をスマートフォン上で簡単につけられますし、管理も楽になります。その人の血圧の変化をデータ化して分かりやすく表示してくれるので、便利です。

メンタル面の健康を守るアプリとしては、声をスマートフォンで録音すると、その声の波長などから心の病にかかっている可能性があるかを判断できるものが開発中だと報じられたのは記憶に新しいですが、早く実用化されれば、心療内科などに通院するのが早まって、休職するまでひどくならなくても済む人が増えるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *