ゲームアプリ開発のすすめ

スマートフォン用のアプリと言えばツールを思い浮かべる方も多いですが、現在のスマートフォンの多くがゲームでも使えるICチップが導入されています。

このICチップはGPUとも言われ、特に3次元空間を表示するのを助けるICチップです。iphone5から本格的に導入されていますし、Androidならバージョン4を搭載している機種ならほとんどのスマートフォンが搭載してきています。GPUはゲームでは特に重要であり、各スマートフォンメーカーではGPUの搭載をとても重視しています。アプリ開発ではもともとGPUを使うことを重視していないのですが、ゲームを作るという意味ではとても大事です。

しかも、GPUはプログラマが指示しなくても自動で動いてくれますのでアプリ開発ではとても便利なICチップです。GPUの補助があることからスマートフォンでもゲーム機のような派手な演出や3Dゲームが遊べるようになりました。これからアプリ開発をする場合には是非ともゲーム開発も視野に入れて学習すると良いです。

2Dゲームに比べて難易度が高いと言われますが、ゲーム開発にはUnityやUnrealengineなどの統合環境が無料で使えますので学習コストはかなり低くなります。また、これらの統合環境を使えばIOS、Android問わず1つのソースコードで両対応ができるメリットもあります。ゲームアプリはいぜんとくらべて格段に敷居が下がっていますのでアイデアがあるなら是非とも実現させることをオススメします

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *