全身脱毛に適している方法は

全身脱毛を行う際、ニードル脱毛はあまり適していません。

それは、毛穴一つ一つに微弱な電流を流して毛母細胞を破壊する方法ですので時間がとてもかかり、施術時に強い痛みを伴うからです。費用的な負担も大きいので、広範囲の処理には向かない方法です。ただし、ニードル脱毛は施術の完璧さから考えると非常に優れていますので、ポイント脱毛としてなら利用価値の高い方法です。

医療機関で行われているレーザー脱毛を利用した全身脱毛では、痛みの少ない施術で安全にムダ毛を無くしていくことができます。費用的にもかなりリーゾナブルであり、皮膚への負担も少ない方法です。医療知識を持つスタッフが個々の状態に合わせてちょうど良い出力で照射を行ってくれますので、効率良く施術を進めることができます。

万が一肌に異変が現れても、医療機関ならすぐに適切な処置が施されますので、安全面から見ても優秀な方法です。肌への優しさを一番に重視する場合には、やはり出力の弱い光脱毛で全身脱毛を行うのが良い選択です。光脱毛の最大の特徴は痛みが少ないことであり、慣れてくると温かみを感じる程度になる人も多いようです。

照射される光には肌中のコラーゲン生成を活発にする作用がありますので、肌細胞が元気になってターンオーバーが順調に行われるようになり、潤いが蘇ったりキメが整ったりするなどの美肌効果が得られます。ムダ毛を無くしながら美しい素肌を手に入れることのできる方法です。

女性なら気になるムダ毛の処理。全身脱毛を行う際、美容クリニックなどで行う医療レーザーとエステサロンなどで行う光脱毛、またはフラッシュ脱毛のどちらで施術を行えばいいのか、双方のメリットやデメリットを時間や費用の面などから比較していきます。医療レーザーで全身脱毛をする際のメリットは、光脱毛と比べて施術の回数が少ないこと、医師が施術をするので肌や皮膚の状態を判断できる、広範囲を一度に脱毛できる、衛生管理が良い、など光脱毛と比較して強力なので脱毛がしっかり出来ることの他に、医師が施術することによる安心感が大きいと思われます。

医療レーザーのデメリットは黒い色素であるメラニンに集中するため、白髪や薄い毛は脱毛出来ない、シミ・アザ・ホクロは火傷の危険性がある、光脱毛と比べて強力なので脱毛の際痛みが生じることがある、保険適用外なので費用が高い、など光脱毛と比較して強力であるが故に起こるデメリットが多く、費用も高めなのが主なデメリットです。

続いて光脱毛、フラッシュ脱毛による全身脱毛のメリットですが、光脱毛は、医療レーザー脱毛に比べて痛みが少ない、施術後の美肌ケアをしっかりしてくれる、医療レーザーより値段が休め、などがあります。光脱毛のデメリットは医療レーザー脱毛に比べて回数がかかる、毛を生えなくする力は医療レーザーよりは弱い、など医療レーザーに比べて光脱毛は効果が弱いので回数がかかってしまいます。以上のことを比べると、医療レーザー脱毛は痛くて高いけど少ない回数で早く全身脱毛が出来るし医師の施術で安心。光脱毛は時間はかかるけど安くて痛くないしエステサロンなので保湿ケアや美肌ケアもしっかりやってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です