レーザー脱毛はどうして脱毛できるのか

レーザー脱毛は光を照射する事によって脱毛する事が出来ますが、どうして光を当てただけで脱毛できるのかを簡単に説明します。

まず、レーザー脱毛の光は黒い色素が反応して発熱するように調整されています。日本人の場合は体毛が一般的には黒いので、それに合わせて調整されているのです。照射時間や出力、波長を調整する事によって、体毛のみが反応するようになっているために、光を肌に照射しても反応しないようになっています。

だからこそ、短時間で多くの毛を処理する事が出来ます。体毛にレーザーの光が当たると熱を発生させますが、その熱が毛根にある毛乳頭にダメージを与えるので、レーザー脱毛をした部分の毛は再び生えてきても以前よりも弱って毛が細くなったり、あるいは毛が生えてこないです。

一般的な家庭で行う毛抜きやカミソリなどの脱毛では時間が経つと再び毛が生えてきますが、レーザー脱毛の場合は毛乳頭を破壊するために脱毛効果がそれらの脱毛方法よりも高くなっています。以上がレーザー脱毛の簡単な仕組みとなっています。

この脱毛方法はそれまでの脱毛方法と比べて格段に行いやすくなり、短時間で処理する事が出来るようになっています。ただ、万能な方法という訳では無く、状況によってはこの脱毛方法が適していない事もあります。

例えば、日焼けして色黒な人はレーザーが肌に反応してしまうために、肌が元に戻らないと施術する事が出来ないです。扱い方は簡単ですが間違って使用すればトラブルになる事があるために、医療機関の専門家でなければ取り扱う事が出来ないです。

以前は、ムダ毛のお手入れをプロにやってもらうというと、エステサロンでの脱毛のことを思い浮かべるのが一般的だったかもしれません。光やフラッシュ脱毛などより前にも、ワックスやニードルなどによる施術を受けることができたのはエステサロンが多かったからです。

ですが、最近では脱毛といえばレーザーというくらい、レーザー脱毛が一般的になっています。それも、エステサロンではなく、病院やクリニックといった医療機関で受ける施術が多くなってきています。

脱毛のためにわざわざ病院やクリニックといった医療機関に行くのは、かなり過剰な感じがして苦手に思うひともいるかもしれませんが、ムダ毛のお悩みとか、ニキビのお悩みなど、昔は自分で処理してきたようなお悩みであっても、今では病院やクリニックといった医療機関で医師に相談するのがめずらしくなくなってきています。

当然皮膚科のクリニックですから専門的な知識をもった医師が対応してくれるので、医学的にも実証された方法で確実なムダ毛の処理をしてもらうことができます。

医療レーザー脱毛は、痛いというイメージがあるためになかなかクリニックまで足が運べないといった理由もききますが、じっさいに施術を受けると、冷却装置によって痛みを感じにくくしてくれたり、あまりに痛みに弱いときには何と言っても医師がいるので相談することによってさまざまな解決方法も示してもらえるので、医療レーザー脱毛なら安心です。

脱毛のプランをたてるなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です