エステサロンで脱毛する場合

まずエステサロンを利用する場合サロンによっては他コースの勧誘がしつこいケースがあるのでサロンの選択はよく吟味する必要があります。

エステサロンでの脱毛は複数の種類があります。主に採用されている脱毛方法は光脱毛です。呼び方がある中身はどれも同じです。お肌優しくムダ毛が薄くなるのが最大の特徴です。この仕組みは光を脱毛したい部分に照射することで照射された光はメラニン色素に反応し熱を発生させます。

よって発毛を行わなくさせる遅らせることを目的としています。エステでレーザー照射器を使用した脱毛を行っているところもありますが医療レーザーよりも出力は低いです。また効果は長持ちしませんがテープ式の脱毛を行ってくれるところもあります。エステサロンでの処理のメリットは全国展開している所が多く情報収集しやすい点です。

また肌がきめ細かくなり美肌に近づくところと低価格で施術を受けることができることです。そして使用する機械によりフラッシュ照射時の痛みが少ないことが挙げられます。デメリットはほぼ処理のいらない状態にすることが目的なので永久脱毛は難しいてところがあります。

しかしニードルを使った施術であれば微量な電流を帯びたニードルを毛穴に一つ一つ刺して毛母細胞を破壊するので極めて効果が高い上丁寧に作業が行われるのでムラがなく永久脱毛の効果を得ることができます。手作業ゆえにひとつの部位における施術が長時間に及ぶのがデメリットと言えます。

またレーザーに比べて施術回数が多く実感するまで5~8回はかかります。エステサロンで脱毛する場合処理が断られるケースがあります。まず妊娠中や授乳中はホルモンの関係で処理できません。もし気づかず行なったとしても胎児に影響はないとされます。日焼けをしている場合はダメージが重なるのですることができません。

生理中の場合肌に悪影響が起きるため処理には向きませんが部位によっては可能になるケースがあります。未成年で脱毛する場合は親権者の同意書が必要です。16歳未満または16歳でもまだ初潮がない場合は断られます。持病持ちのうちてんかんの場合過去に発症しただけでも処理ができません。

じんましんや紫外線アレルギーやアトピー性皮膚炎は状態によりますが脱毛処理ができないケースが多いとされます。薬を服用している場合も体調不良で断られることがあります。タトゥーの箇所は脱毛できません。なぜならフラッシュ脱毛などは黒い色に反応する仕組みだからです。そうなると危険なので処理をすることができません。

同じ理屈でほくろの毛も無理です。また整形したところやアートメイクも不可です。フラッシュ脱毛の場合は事前に処理する必要がありサロンによっては自己処理を電気シェーバーで行うことを求められることがあります。処理をする期間は毛の生え変わりの周期に合わせて行うので頻繁に行うことはできません。

目安として一ヶ月は間を起きます。処理で肌にトラブルが起きた場合はエステサロンでは処理できないので病院に行くことになります。毛の量は料金とは無関係の傾向です。
脱毛は効果が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です